2005年08月09日

2005.08.06.sat.「MISATO V20 スタジアム伝説〜最終章〜NO SIDE」in インボイス西武ドーム

2005年8月6日(土)6:30起床。
前日に会社の飲み会があって床についた時間が遅かったにも関わらず、
この日だけはやっぱり早起き(笑)
千秋楽を迎えるにふさわしい、夏の日射しが眩しすぎるくらい
晴れ晴れとしたこの日。
気温もグングン上がっていく中、
ボクは友人二人を迎えに行き、8:30車で出発。

道中「M・ルネサンス」を聞きながら現地に11:00頃到着。
到着した時間帯はそんなでもなかったが、時間が経つに連れ
ここ数年では見られなかった人だかりが・・・
なんだかそれだけで嬉しくなってしまう(笑)

今までや去年とは明らかに違うことが一つだけあった。
それは「人との出逢い」
去年は7年ぶりの西武参加。ネット上で知り合った方達とは
挨拶程度で終わってしまったけど、今年は違う。
もちろん去年の西武があったから
今年また出逢えた人たちも沢山いたけれど、
自分がファンサイトを開設したということが
やっぱり一番のポイントになっているみたい。

「どこどこで逢おうね」
「この辺に居るから〜」って
事前に約束してた友達もいたけど、
約束もしていないで現地でたまたま
ボクを見つけて声掛けてくれた人や
一度も会ったこともない方が
「Booさんですよね?」って、
向こうから声掛けてきてくれた。
中には友達経由で新たな友達が増えたり、
逆に自分から声をかけてみたり...

どの場所で会うよりも、
あの場所で会えたことが凄く嬉しい!
これからもきっと陰替えのない人たちになるに違いない。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

グッズ売り場もCD売り場もFCコーナーも、もの凄い行列!
あの炎天下の中、グッズ買い出しに30分以上も並んでしまって
それだけでもう限界・・
あの太陽に体力を奪われてしまったのと
FCコーナーのあの行列を見ただけでダウン(汗)
去年の「ブルーチラシ」を持っていったけど、
「キラキラシール」はもらえず・・・
しかも「comomo」もゲットできず・・・

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

開演時間も近づいて、いよいよドーム内に。
今年初めての「アリーナ」席
席番は「A11ブロックの69番」
スタジアムライブだからアリーナの前の方でも
ステージ上の美里はそんなに近くには感じないだろうなと
あまり期待はしていなかったので、あの席からステージの距離感は
さほど気にならなかった。
それよりも感動したのは、席から後ろを振り返ったときの
あの爽快さ!!一生忘れないだろうな〜
球場内全体をぐるっとあの目線で見渡せるって
そうそう体験できるもんじゃないし、
なによりも美里の目線っていつもこんな感じなんだろうな・・
と20年にして初めての感触。
ライブを楽しむということも勿論そうだけど、
あの席じゃなきゃ分からなかったこと。
そうゆうことに触れられてホントに良かったと思う。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そして遂にカウントダウンと共に最後のライブがスタート!
ここではセットリストを載せますが、選曲云々よりも
このライブで感じたことをそのまま綴っていこうと思う。

「MISATO V20 スタジアム伝説〜最終章〜NO SIDE」
セットリストは以下の通り

01. GROWIN'UP
02. すき
03. Believe
04. 素顔
05. いつかきっと
06. スペシャルメドレー
  I'm Free 
  18才のライブ 
  Long night 
  Teenage Walk 
  It's Tough 
  やるじゃん女の子 
  ジャングルチャイルド 
  ムーンライトダンス 
  泣いちゃいそうだよ 
  Boys Kiss Girls 
  シャララ 
  SHOUT[ココロの花びら] 
  世界で一番遠い場所 
  夏の歌 
  熱いふたり 
  ラブ ゴーゴー!! 
  夏灼きたまご 
  ドラえもんのうた 
  Orange〜What's the Vibe〜
  蝶のように 花のように〜You are the only one〜 

07. 青空
08. 夏が来た!
09. サンキュ
10. My Revolution
11. センチメンタル カンガルー
12. パイナップルロマンス
13. チェリーが3つ並ばない
14. サマータイム ブルース
15. 恋したっていいじゃない〜Young Man(Y.M.C.A.)
16. スピリッツ
17. 恋するパンクス〜渚のシンドバット〜真夏の太陽〜真っ赤な太陽
(アンコール)
18. JUMP
19. 10years
20. My Love Your Love(たったひとりしかいないあなたへ)
21. Lovin'you
22. 夏が来た!

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

以上3時間半にも及ぶ究極のスタジアムライブ。
そしてひとつの伝説の幕が閉じた。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

何連発もの花火が花道を駆け抜けライブはスタート。
「GROWIN' UP」
続いて「すき」「Believe」へと勢いよく美里は歌った。

一呼吸置いて美里はサブステージへ。
美里を追うようにボクは体ごとサブステージの方へ向けた。
そして改めて目に飛び込んできたのがスタンド席の人々。
圧巻だった。
曲が始まるまでしばらく時間が空いた。その間ボクはドーム内のスタンド席を
ゆっくりと見わたした。「夢」を見ているようだった。
スタンド席は勿論、立ち見席もびっしり人で埋め尽くされている。
何年ぶりだろうか、こんな光景・・
嬉しくてたまらなかった。
嬉しくて嬉しくて・・・そんな時「素顔」が流れた。

♪出会ってしまった二人が、ほら今日まで歩いてきたよ
 君のひたむきな情熱が 教えてくれた新しい勇気を・・・

♪逢いたいからここまで来た・・・

このフレーズでは不思議と涙がこぼれてきてしまった。
どうにもこうにも涙が止まらない。
この「素顔」って曲は、美里との大親友の「羽田美智子」さんとを引き寄せた曲でも知られている。
映画「エフ」の主題歌として生まれた。

今までは、ある男女の恋の歌としてしか聞いてこなかったけど、
この日のこの曲は「西武スタジアム」への歌のようにも聞こえてきた。
特に上の歌詞が西武と美里と僕らにリンクしているようにしか聞こえてこなかった。

いつだったか美里が西武ライブのMCで「恋にも似た気持ち」って言ったことがある。
まさしくこんな感情ではないだろうか・・・?

ひたむきな美里とそれを追い続けて毎年西武にやってくるひたむきなファンの人たち。
それぞれの情熱がお互いに勇気を与え続けたこの20年間・・・

ここ数年、しばらく美里や西武から離れていた人たちが、最後ということで
駆けつけたこの日。「帰ってきてくれたんだ・・・」って
曲を聴きながらスタンド席や立ち見席を見渡し、そう思った。

この曲を聴いている最中はこれらのことが頭の中をよぎり涙を流さずにはいられなかった。

そして「いつかきっと」
この曲も誰の曲でもない。
「みんなのうただ」なって、あらためてそう感じた。

美里がステージから見つめ続けたこの風景。

美里がどんな思いでこのステージに20年間立ち続け、歌い続けてきたのか
20年目にしてはじめて分かった気がする。
ボクにとってこの2曲で十分すぎるくらいだった。
ファン暦20年といっても、西武の20回中5回しか参加できなかったボクにとって
最後にして、この鳥肌が立つほどのパワーは一生の宝物になると思ったから。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ライブは「V20ウルトラメドレー」へと続き
そして行き着く暇もなくガンガンに飛ばしていった。

涙を拭いたボクはもう楽しむしかないと最後まで自分自身も飛ばしていった(笑)
最後までホントに夢を見ているようだった。
昨日からの疲れや現地までの運転の疲れや暑さのせいもあったかもしれないけど
ボーっとした感じで殆ど憶えていないくらい・・(笑)
アッと今に3時間半という時間が過ぎていった。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

10年目の夏。
美里は「GROWIN' UP」でグラウンドを一周し、ステージに帰ってきた瞬間
ゴールのテープのような物が見えるのかと思った。と11年目のライブで言っていた。
当時は10年目で区切りをつけるつもりだったのかどうかは分からないけど、
あれから10年・・・

最後の夏。
刻一刻とその時が近づいてきた。
果たして美里にはゴールのテープが見えたのだろうか・・・?

自分としては、まだまだゴールではない気がする。
この20年目の最後の夏は、単なる通過点であり、何かの架け橋的な夏であって欲しい。
そしてその架け橋を美里と一緒に歩いていきたい。
そう思った。

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

What's next?
Where's next?
See you Next Summer.
Anyway, Anywhere.

ライブの最後にビジョンに大きく映し出されたこの文字。

一体この文字にどんな意味が隠されているのかは分からないけど、
美里とボクらの夏はまだまだ終わる気がしない・・・
posted by Boo at 00:57| Comment(0) | TrackBack(3) | ライブレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スタジアム伝説〜最終章〜NO SIDE
Excerpt: ふぅ〜。遂に一つの伝説が終わってしまったよ。。。!!$more!!2日前まではナーバスな部分もあったけど昨日は例年通りソワソワしちゃってたし朝もいつも通りハイテンション過ぎるくらいハイテンションのまま..
Weblog: Free Spirits-気まぐれ日記
Tracked: 2005-08-21 18:30

渡辺美里 V20 スタジアム伝説最終章 NO SIDE
Excerpt: 8/6 at インボイスSEIBUドーム 朝起きて、まず外を見る。ここ数日続いている晴天が見える。 よし、今日も暑い日になりそうだ。 西武ライブの日はいつも天気が気になってました。途中か..
Weblog: easy Going
Tracked: 2005-08-21 23:09

甘酸っぱい思い出
Excerpt: 今日は8月31日。小中学生は夏休みが終わりですね。宿題をやり忘れていたことに翌日
Weblog: Neutral ??ニュートラル
Tracked: 2005-09-13 21:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。