2005年07月03日

NACK5:渡辺美里スペシャル「misato RADIO GO! GO!スタジアム」5月28日(土)放送分【前編】

2005年4月から7月までのスペシャルプログラムのマンスリーDJとして始まった「misato RADIO Go! Go! スタジアム」
その第二回目の完全レポートです!
放送日は5月の28日PM7:30〜PM8:30までのO.Aでした。

実はこの放送見事に聞き逃してしまいまして、半ばレポは第1回目で断念っていう感じで諦めていたんですが、心優しいお友達が放送を録音したMDダビングしてあげるってことでなんとか、そのお友達のお陰でレポ(完全文字起こし)の公開をすることが出来ました!
今回も前回同様、内容が長いので前編・後編に分けてレポート!
後半のレポは数日でアップできる予定ですので、それまでお待ち下さい♪

では、5月28日(土)放送分の「misato RADIO GO! GO! スタジアム」の前編をお楽しみ下さい!

------------------------------------------
MISATO'S FRIENDS MESSAGE〜小室哲哉〜
「小室哲哉です〜、え〜NACK5のサッカーの時ですね、その時逢って以来ですけども、お元気ですか!?デビューしてから20周年ということでですね...当たり前ですよね、こないだTMが20周年だったわけですからその後だったりして...まあでもただ長くやってるってだけではなくてですね(笑)やっぱりちゃんと世の中の人にこう・・印象づけて、残してきたという意味での渡辺美里の歴史っていうのは、底が大事だと思いますね、すごく!」
------------------------------------------

------------------------------------------
MISATO'S FRIENDS MESSAGE〜木根尚登〜
「みさっちゃん!お元気ですか!?木根尚登です!もうホントに、今年20回目というのは素晴らしいですけども、自慢じゃないですけども僕はけっこう行ってる方です(笑)TM Networkの三人の中ではダントツトップです!はい!多分半分以上は絶対行ってますね!印象に残ること沢山ありますね〜小室君がステージに出ていたことがあったと思うんですけど、スモークたきすぎて、みさっちゃんもてっちゃんも見えなくなっちゃった演出とか、みさっちゃんが球場の中を自転車で長い距離を走ってるあれいつのライブなんだろ・・・?」

------------------------------------------

こんばんは!渡辺美里です。1ヶ月ぶりのご無沙汰でございました!
オープニングでお届けしたというか、聞いていただいたメッセージ、毎月・・・まあ毎月と言っても先月と今月で2回目なんですが、メッセージ・・私の親しいミュージシャン仲間、お友達からメッセージを頂いてどのひとからどんなメッセージが来てるのか何も知らないままぶっつけ本番を迎えるので、なんかビックリ箱ていうか、プレゼントを開ける?玉手箱を・・玉手箱の人もいますけどね(笑)どんな人からコメントが寄せられてるのかな?ってすごく楽しみにしながらこのスタジオにやってくるわけですけども、今日の第一声は、みなさんもよくご存じの、TM Network小室哲哉さんと、そして木根尚登さんがメッセージをね、寄せてくださいましたね!
小室さんは・・そうそう、おっしゃってた通りNACK5の去年のサッカーの・・なぜかサッカーの解説ゲスト・・解説ってわけでもないんですけど(笑)コメントゲストとして、葛城哲哉さんを中心に。小室さんはもう今や音楽よりもサッカーの方が夢中なんじゃないかってくらい(笑)よ〜知ってはるわ〜って感じで、イタリアサッカーの話をいっぱいされてましたけど、わたしはすごくひいきめの目線で、専門的じゃないところの目線で、裏情報というかいろんな選手の情報とかを私なりに調べて、お喋りさせて貰ったんですけども、その時以来ですね〜・・まあ、私のアーティスト活動において、特に20年という中の区切りでいくと、前半では特に一緒にお仕事させていただいたお二方ではありますが、木根さんは去年のスタジアムライブでもゲストに来ていただいて、ちょうど木根さん達が20周年ということは順番からして、わたしが今年20周年ということになるんですけどね、ホントにTMの中では一番ライブを見てくれていると木根さんご自身も言ってましたけどね、今年来てくれたらなんか記念品を渡さなきゃいけないな〜って思うくらいに(笑)暖かく見守ってくれてますね、そしてまたお二方とも、わたしにとってなくてはならない曲をずっと書いてくれている方達です。そして小室さんは第一回目のスタジアムのキーボードのプレーヤーとして登場してくれてますからね・・・なんかちょっと感慨深い感じになりますけども、メッセージありがとうございました!

先月からマンスリースペシャルとしてお送りしています、この番組は大宮駅西口アルシェビル5Fの「スタジオアルシェ」から8時半までの生放送です!これから夏に向けて「misato RADIO GO!GO!スタジアム」と題して夏の20周年のライブを最高のものにしたいという思いを込めて、熱い熱い思いをね!みなさんのリクエストを頂きながら、お送りしていこうという番組なんですけども、みなさんからのリクエスト、メッセージお待ちしています!先程小室さんや木根さんが話してくれたようなスタジアムの思い出とか、それからスタジアムで印象的な出来事、そして私の曲にまつわる思い出、そしてそして、私への質問もお受けしております!なんでも聞いて下さい!!メッセージ、リクエストの受付、メールはですね、mradio@nack5.co.jpそしてFAXの番号は048-650-0300です!是非ともFAX・メール送って下さい!今月もホントに沢山メールを頂いてるので出来る限り紹介していきたいと思います!

これは「20回目の最後のドームが待ち遠しいで〜す」というふうにくれたのはラジオネーム三郷市の美里ファンより
「早く逢いたいよ〜♪自分の生きてきた節目にみさっちゃんの歌がそばにありました!その度に励まされ頑張れてこれました!これからもたくさんみさっちゃんらしい曲を作ってください。みさっちゃん大好きな10歳の娘からも一言。」彼女の字で書いてくれてるよ(笑)「みさっちゃんの歌が大好きで、毎日口ずさんでいます!ライブがんば!」って(笑)10歳の子にがんば!って頂きました(笑)さくらの花の咲く頃ころにが大好きだよって書いてくれてますね〜!
それからもう一方これは日野市のなおこさんも、6ヶ月の娘さん(みさとちゃん)と二人でラジオ聞いてくれているそうです、どうもありがとう☆
それでは今日も張り切っていきたいと思います!
ではまずは今日の1曲目。先日25日にリリースになったばかり「うたの木sesons"夏"」の中から、ラジオネームゆきさん、それから川口市のかずぼうさん、リクエストどうもありがとう♪

------------------------------------------
♪メドレー〜夏のウルトラビキニ大作戦〜/渡辺美里
------------------------------------------

お届けしているのは渡辺美里、「うたの木seasons"夏"」から「夏のウルトラビキニ大作戦」メドレーでお届けしています。
「涙の太陽」そして「ビキニスタイルのお嬢さん」そして「渚のシンドバッド」の三曲をギュギュっと渡辺美里テイストで味付けしてみました。ラジオネームゆきさんがリクエストくれているんですけど、「1ヶ月ぶりの放送待ちに待ってました〜!スタジアムライブが刻々と近づいていますね!そんな中V20に向けてのトレーニングは何をしていますか?私は毎晩ヨガなどをして、スタジアムライブ観戦に」観戦・・・そうですね(笑)「スタジアムライブ観戦に備えています!どんなスパルタライブになろうと(笑)私の準備はOKです!」(爆笑)よく覚悟を決めてくれています!「世界一熱いライブを待っています!!」ということでね・・う〜ん、確かに毎年こう〜回を重ねる毎に、「あの曲もやりたい、こんな曲もやりたい」って言ってたら、どんどんどんどん増えてって、まあ・・普通だったら2時間ちょい?ホールツアーだったら2時間ちょいくらいが理想とされているらしいのですが、スタジアムに関してはもう一日仕事と思って来て欲しいし、なおかつあの〜ライブ自体はザックリやってるつもりで3時間(笑)長いよ〜って、こないだのイベントのときのマーチン(鈴木雅之)さんのMCじゃないんですけど、長いよ〜って言われてしまいがちですが、そうそう5月の1日大宮ソニックシティでのNACK5でもイベントが行われたんですけどもね、「NEXT STAGE」と題してお送りしたんですけども、「5月1日の大宮ソニックシティのNACK5のライブ。すっごく楽しかったです!」とくれたのはラジオネーム・ソレイユさん「アンコールでのゴスペラーズとの共演も最高でした!中学一年の時のドラマ『セーラー服通り』を見て『My Revolution』に出会って美里さんのファンになったので、ゴスペラーズファンにもなった今、その曲を一緒に歌っていただけるなんてホントに感激して涙が出そうになりました、これからもゴスとの共演期待していま〜す♪最後の西武ライブも楽しみにしています☆」と頂いていますけども、ソレイユさんどうもありがとう♪
それからラジオネーム・みおりのパパさん「5月1日のイベントライブお疲れさまでした!美里さん、鈴木雅之さん、ゴスペラーズとの共演ということで、バラード中心のしっとり系のライブを想像していたのですが、全然違っていて、いつもの西武のオープニング、Doorsがかかって会場中が総立ちに!美里さんの登場で『サマータイムブルース』を歌い出すと、まるで西武ドームライブかと思うような熱気に包まれてとても楽しかったです♪早く西武ドームライブに行きたくなりました!美里さんが鈴木雅之さんを『ラブバラードの帝王』ゴスペラーズには『ハーモーニーのプリンス〜5人の王子様達〜』と銘々していたのは会場中で爆笑していました(笑)ゴスペラーズはなぜか自分たちを『五人囃子』と自称していましたね、美里さんが『君たち人の話聞いてないね〜』という激しいツッコミにみんなたじたじになっていたようでした〜」と頂きましたけど・・
そうです!5月の1日に鈴木雅之さん、そしてゴスペラーズ、オープニングアクトにリズム。そしてマーチンさんのコーナーでは安藤英樹さん、そして私というメンバーでお届けしたんですけどね。普段いろんな人が出るイベントっていうのに私はなかなか参加する機会が今まで少なかったので、それぞれ個性の強い、アクの強い、そして歌もね、とっても味のある方達とジョイントできてなおかつ共演コーナーもちょこっとあって、マーチンさんとゴスペラーズと共に「夢で逢えたら」という昔吉田美奈子さんが歌っていましたね、大滝詠一さんが作った曲ですけども、鈴木さんがラッツアンドスターの時にカヴァーして、それでご自身もカヴァーしてる・・で、みんなで「夢で逢えたら」を歌って、そしてゴスペラーズと一緒に「Mu Revolution」をやったんですね。せっかくゴスちゃんとやるんだから、ゴス+私って感じにしようよ!ってことで、ホントはリズムが入ったストレートな「My Revolution」ってカタチになってたんだけど、頭にこういった感じのアカペラをプラスしてってリクエストして村上くんをはじめ「ひぇ〜〜〜アカペラでMy Revolutionですか〜〜〜!?」みたいな感じだったんですけど(笑)「まかせてください!やりますよ!」って感じで、今まで歌ったことのないタイプの「My Revolution」を歌わせてもらって、彼らとっても緊張しながらも、大事に大事に歌ってくれたのが印象的で、こうゆうイベント・・なかなかねジョイントって気持ちも合わないと難しいんですよ!あの〜放送局の方達は、「ジョイントでなんか一緒にやってよ〜」って言いますが、「う〜〜ん・・・そうですね〜〜」ってたいがい何か気持ちがある、「あ、やりましょ〜〜〜!!」って言えるのは良いメンバーを選んでくれたからだと思うんですね(笑)なので、やっててホントに楽しかった♪やらせていただいてホントにやり甲斐のあるイベントでした。ホントにどうもありがとうございました!!
ということで、みなさんからのメッセージもお待ちしております!

------------------------------------------
CM
------------------------------------------

改めまして、渡辺美里です!オープニングからね、素敵なコメントを頂きつつ、メッセージ、FAX、メール、ぼわ〜〜〜っと紹介してたので、「あれ!!?」っていうまに時間が経っているんですけども(笑)このマンスリースペシャルでは私の音楽仲間たちは勿論、音楽以外のお仕事でね、お友達させてもらってる方達から、心温まる?(笑)メッセージを頂いているようなので、どんどんね皆さんと共に、私も初めて聞くので、凄く楽しみでドキドキしてるんですけども、ここではですね、オープニングで聞いていただいた小室さんと木根さんの続きがあるようなので、是非聞いてみましょう!

------------------------------------------
MISATO'S FRIENDS MESSAGE〜小室哲哉〜
「いろんな思い出があるんですけど、勿論西武球場での最初の演奏を一緒にサポートとキーボードプレーヤーとしてですね、演奏したこととかも凄く思い出にはあるんですけども、やっぱりですね自分で曲を・・・『My Revolution』以降ですね、美里と直接コミュニケーションをとって曲をどうするか、どうやってって・・まあ美里が詩を書いてみたいな・・その頃の『一緒に作った』っていう意味では『悲しいね』っていう曲があるんですけども、あそこらへんっていうのはすごく・・『一緒に作ったな〜作れたな〜』っていうような気持ちがありましたね〜、すごく思い出に残ってますねその辺は。美空ひばりさんとかにもしかしたら一番近い所へ向かっていって行ける方なのかな〜っていうことを昔からよく雑談では話したりしてたんですけど、まあ、自分がそうなりたいかっていうのは分からないんだけど(笑)これからも頑張ってください!」
------------------------------------------

------------------------------------------
MISATO'S FRIENDS MESSAGE〜木根尚登〜
「『今日みんなの顔全員憶えて帰るよ〜』って言ってね〜ホントね凄くその言葉が印象的で、ファンが『ワァ〜〜〜〜』って球場が盛り上がったのを憶えてますね〜去年僕は出させていただいて、生まれて初めて逆の立場って言うか、西武球場のあそこ(ステージ)に立ってみさっちゃんと一緒に歌を歌っていただいて、すごい感無量でした!とにかく今年20周年なんで、今まで一度も来ていな宇都宮隆を連れて行きますから、お約束しますよ!彼を連れて今年は見に行こうかと思ってますんで頑張ってください!(笑)」

------------------------------------------

はい!小室哲哉さんそして木根尚登さんのメッセージの続きを聞かせていただいたんですけども、二人共なんか愛情があるね〜♪先月の大江千里さん、コブクロの二人そしてDonDoko Donのぐっさん・山口智充さん・・コブクロの黒田君は「うんうん、はいはい」って言ってたのが印象的でしたが(笑)小室さん木根さんも特に小室さんは今、仕事を直接的にすると言うよりは、ガッツリ組んでやっていたっていうのは10年くらいまでっていう印象が強いんですけど、すごい「あたしと一緒だ!」と思ったのは、今話してくれた「一緒に作ってたな〜」っていう思い強いっていうのは「悲しいね」って曲だなっていうのはホントにメロディと詩が出会うべくして出会ったような、ガツっときて、だからどんなアレンジになってもそれぞれの「悲しいね」っていうのが・・オリジナルの「悲しいね」っていうのもあるし、うたの木でオーケストラでやった「悲しいね」もすっごく良いんですね、だからもの凄くキチッと組んでやれて、完成した自分の中に残っている曲だなって思っていたので、あ〜小室さんも・・・小室さんっていうとこの放送をもし聞いていたら「なんかよそよそしいじゃん」(笑)って思われるかも知れないんですけど、まあ「てっちゃん」ですね(笑)てっちゃんが同じ事を思ってくれてたんだな〜って思って今あらためてメッセージを頂いて、確認できて嬉しいな〜って思います!なかなかそうゆう事を、どの曲が一番気に入ってますかって(笑)たぶん他の人に沢山インタビューとかコメントというカタチでね、この曲についていかがでしたかって、この曲の制作秘話はいかがですかって、あたしもそうなんですけども、後々になってとてもなんかこう・・なんて言うのかな・・芸能チックなインタビューで・・とてもクリエイティブではない世界のね(笑)芸能チックな感じで秘話はなんですかとか裏話は何ですか?とか今だから話せることはなんですかって聞かれる事が多くなっちゃってるんですけど、そうゆう時にはあまり・・大事な話ってやっぱちゃんとしたとこでお話ししたいから、そんな隠してることとか秘話なんてありません(笑)って言ってしまうんですが・・・同じ部分のそうゆう曲があるんだなって改めて、20年目にして確認できたことが凄く嬉しいですね。それから「eyes」「さくらの花の咲くころに」っていうのは特に私にとって、私を代表する「美里です」って名刺代わりになるような曲を書いてくれているので、その二人からのコメント、なんかグッと来ま〜す♪
さてさて、前半に、オープニングにお届けしたときに、このコメント、小室さんと木根さんでまとめなきゃ!って思っちゃってちらっとそんな話しもしてしまいましたが(笑)小室さんも一緒に舞台に上がってくれて、第1回目の西武球場のライブ、その様子、それから毎年毎年積み重ねてきて早20年、V1〜V19のライブをみなさんに見ていただくことが出来ます!この積み重ねてきたライブの数々は、「misato chanel」というのが来月6月に開設されましてですね、1ヶ月24時間丸ごと渡辺美里ということで「misato chanel」タイトルもこの番組と同じ「GO! GO!スタジアム」ということで1年目から19年目までのスタジアムライブをねたっぷり見ていただくことが出来ます!で、それぞれ1年目のものとかライブの様子って今までリリースになった映像も勿論オンエアされるんですけども、特に16年目から19年目っていうのはブランニューな状態で見てもらえるし、それからこないだね、19年分をいっぺんにまとめて90分にまとめるっていう作業をしててですね、その編集を確認しに行ったんですね、19年間を90分にっていうのはね、むごすぎる!(笑)「ええ〜〜〜もう終わり〜」って「もう次に行くの〜」って言って(笑)でもね、どの年もどの年も色濃くね一瞬見ただけでも思い出せるんですね、甦って来るんですね・・「あ、こうゆう風にしたかったんだ〜」とか「この年あたしはこんな顔してたんだ〜」とか「こうゆう表情してたんだ〜」っていうのを見ていただけます!あの〜是非とも「Go!Go!スタジアム・misato chanel」を6月スカイパーフェクTVの方で見ていただけたらうれしいな〜って思います!その時の、皆さんにとってのV1・V2・V3と、その時の状況「あ、僕あの時こんなんだったな」っていうのも思い出してもらえるんではないでしょうか?

では〜、ここで1曲お届けしたいと思います!渡辺美里で「My Revolution」

------------------------------------------
♪My Revolution/渡辺美里
------------------------------------------

「My Revolution」聞いていただいてます。
いろんな所でね、その制作秘話をとかね、いろんな裏話をって聞かれるんですけど、沢山大事な話をしても、なんか一瞬にして笑えるところとか、トピックスになりそうな、こう太字になりそうなとこだけをピックアップされちゃうから、曲の大事さみたいな物はたぶんライブ来てくれてるみんな、それからこの曲と出逢えて、「ワッ」っと心が震えてくれた皆さんが一番分かってくれてると思うし、なおかつ作ってくれた「てっちゃん」もそうだしあたしもそうなんですけども、歌うたびに新鮮だし、歌うたびに緊張するし、10代20代30代40代それぞれの「My Revolution」っていうのを歌えるんだなってそうゆう生命力を感じる曲、「My Revolution」です!聞いていただいてますが、それからもう一方メッセージをくれているみたいです!
スタッフが言うにはですね、「おちゃらけるかな〜って思いきや、大事に大事に思いを思い返しながらお話しを頂いた」と言うことなんですが、果たして誰なんでしょう(笑)ぐっさん出たしな〜誰だろう・・・?

------------------------------------------
この続きは後半のレポートで!!
posted by Boo at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。